<   2010年 11月 ( 8 )   > この月の画像一覧

アオイガイとたこ舟

BC(ビーチコーミング)方面の達人であるTさんが、ニコニコしながら手土産をくださった。
お菓子だという。
開けてみた。
和菓子である。
e0023068_17205538.jpg


能登名産・・・能登か・・・
「たこ舟」???
タコフネ? 何?

・・・もしや

おぉおおおおお これは!!!!!!!!!

驚愕の銘菓「たこ舟」の正体とは?
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-29 09:43 | ビーチコーミング

ちまちまカメラ展

e0023068_1633361.jpg

☆ペラモデルのホッタが「ちまちま RICOH 500G」を提げております。

e0023068_16334169.jpg

☆真っ赤なゾルキー、ちっちゃくても目立ちます! ^^

e0023068_17365563.jpg

☆KODAKのブローニー・ホークアイ。革ケース付きが泣かせる〜!
なんと恐ろしいことにウエストレベル・ファインダーの奥が見えるようになってるのです。 ^^;

e0023068_1737238.jpg

スメ8〜!
かわいいぞ〜!
5回脱皮すると→成虫になります・・・そんな感じ。笑

e0023068_17532112.jpg

スメ8アップで・・・やっぱり革ケースが堪らん。ロゴもしっかり書いてるし。
しめしめ、ヤフオクに出してみるか・・・?
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-22 18:02 | ちまちま

ホッタノカメラ展

e0023068_341571.jpg



突然ですが、お店で展示をやります〜!

その名も『ホッタノカメラ展』!!!

あ、ホッタってのはボクです。

※岩田珈琲店なのに何故「ホッタ」なのかは別にたいした事情はありません。 笑

ボクが縁あってかき集めてしまったカメラたちを、ちまちま人形の高山美香さんがチマチマ化してくれたのです。

思えば高山さんと出会ったのは、コーヒー豆の卸先であるカフェ pippinさんでのことでした。
もう何年前かな…? 
pippinさんと高山さんが知りあいで、彼女が当時作っていたちまちまな小物たちの展示がお店で催されていたのでした。
その頃はまだちまちま人形は生まれてなくて、ちまちまグッズだけが展示されていたのでした。
昭和な香りのする生活用品や旅行カバン、和菓子やちゃぶ台、そういった内容だったと思います。
その中にあった小さい小さいカメラに惹かれ、ボクのカメラも一台作ってもらえないだろうかとお願いしたのがきっかけだった筈です。
さらにウチの店でも展示をして欲しいということになり・・・ 現在に至りました。

というわけで、今度の土曜日から1ヶ月ばかり、新作ちまちまカメラの展示をのんびりとやろうと思っております。
お近くの方はぜひ!遠くの方もできれば!お越しくださいませ〜♪ <(_~_)>


ちまちまカメラ来店を記念して、そのネタもとであるカメラとその元カメラで写した拙作写真の展示も合わせて開催いたします。

というわけで、ちまちまカメラ&元ネタクラシックカメラ&写真のコラボレーションとなります。

写真の方は、題して『ホッタノ写真展』! 安易だ・・・
こちらもぜひぜひご覧いただこうと只今あたふたと準備中です。 ^^;


☆開催中、BLOGのおともだちayayaさん作のカメラ型お菓子「カメラ・フィナンシェ」や高山美香特製消しゴムハンコで作った「カメラECOバック」も登場の予定〜!


なんかそうとう準備が押してる感じなので、がんばって漕ぎ着きたいと思っております。



e0023068_49532.jpg



『ホッタノカメラ展』

高山美香のちまちまカメラ & ホッタの元ネタカメラ & 元ネタカメラで撮ったお気楽写真

ところ 岩田珈琲店 札幌市東区北13条東14丁目4-22 011-743-8118

とき 11/20 (土) - 12/20 (月)  11:00 - 19:00 (日・祝 - 18:00) ※ 水・休
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-18 04:34 | ちまちま

雲行き

e0023068_365965.jpg



ブローニーのスキャンはむつかしい・・・

どうもアンダーよりになるなぁ…と思って、シャッター測ってみたら“ちょい速め”だったのでおどろいた。
古いロシアカメラで速いなんて!

そもそも体感露出だから当てにはならないんだけど (^^);、次からもうちょっとオーバー目で行こう。

それと右上の光漏れ(?)やっぱり治ってない。
調べてもどうもわからず・・・
なんなんだろう?

Arsenal KIEV 60TTL VOLNA-3 80mm F2.8 / KODAK EKTAR 100
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-17 03:15 | Kiev 60

e0023068_1641288.jpg




Arsenal KIEV 60TTL VOLNA-3 80mm F2.8 / KODAK EKTAR 100
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-15 16:43 | Kiev 60

午後5時

e0023068_5403118.jpg





LEICA MINI II / FUJI Venus400
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-07 05:42 | LEICA MINI Ⅱ

暮色

e0023068_5331465.jpg





LEICA MINI II / FUJI Venus400
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-07 05:34 | LEICA MINI Ⅱ

蛸のゆりかご

e0023068_421548.jpg

e0023068_42361.jpg


この写真がナニか?わかる方はなかなかいらっしゃらないでしょう。
これはアオイガイ(葵貝)というものです。
貝とはいってもアオイガイはタコの一種です。
タコとこの貝殻は結びつかないと思いますが、腕から貝殻の成分を分泌して自分の体を納める貝を作るのだそうです。
☆検索でアオイガイの生前の姿を見ることが出来ます。
その昔、図鑑でこのアオイガイのことを知り、ふしぎなタコもいるものだと心にとどめたのでした。

それから幾星霜、ひょんなことからこのアオイガイが近くの海に流れ着くことがあることを知りました。
その精巧に作られた自然の造形にあらためて魅せられ、いつか自分でも手にしてみたいと思うようになりました。


ところが今日、配達からもどると店にビーチコーミング(漂着物探索)ハマり中のTさんが来ていて、先月の初旬、例年にない多くのアオイガイが漂着していたらしいとの情報をくださった。
これは行かねばならぬと云うことになり、Tさんと我家のみんなで夜の海へと出発!(なぜに夜行く? いや、明日も仕事だし・・・早起きは苦手だし・・・ ^^;)

当然まっ暗けの浜辺を懐中電灯片手に彷徨う怪しい一団。
しかし、浜辺を照らすライトに浮かぶのはホッキ貝などふつうの貝殻ばかり。
やはりすでに漂着のピークは過ぎているらしく、敗色濃厚となってきた。
子供ももう帰りたいと言い出す。
それでもあきらめ切れず、場所を移して探索を続行、二手に別れて浜辺を歩き始めてすぐにTさんが声を挙げた。
駆けつけると、Tさんの懐中電灯の照らす砂の上には憧れ続けたあのアオイガイの姿が!
それもかなり大きい。
打ち上げられたばかりらしく、まだ水に濡れている。
欠けもなくひとめ見てわかる美品だ。
おぉ、やった!と歓喜に沸くわれら。
こうなるとやはり自分でも見つけたいという気持ちが出てくる。
ややしばらく近くを探すが見つけられず、時間も遅いのでもう帰ろうと戻りかけた砂浜の切れ目になにか埋まっているのが目に入る。
慌てて手を出しながらも、「慌てて壊してはいけない」と云うブレーキを心でかけながら、半ば埋もれた大振りの貝殻をそっと砂から引き抜く。
アオイガイにまちがいなかった。
中に砂が詰まっているためけっこう重たい。
「ペーパー・ノーチラス」と英語で呼ばれる由縁であるうすい紙細工のような感触と、その繊細な凹凸がなんともうれしかった。

e0023068_432342.jpg


この貝殻は雌のアオイガイだけが作るそうで、この中で産卵して卵を守るものらしい。
いわば揺りかごだ。

タコの揺りかご、ずいぶんと素敵なデザインである。
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-06 03:43 | ビーチコーミング