「ほっ」と。キャンペーン

<   2006年 11月 ( 25 )   > この月の画像一覧

空色と水色

e0023068_291114.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2006-11-30 02:15 | PENTAX SP

閑話休題

e0023068_2145050.jpg

写真・カメラ方面のブログやHPをお持ちのかたには、猫・犬好きの人が大変多いように思う。
猫も犬も彼らはとてもフォトジェニックで、彼らの姿を追っているだけでも写真生活には事欠かないほどだ。

かく云う僕も、犬・猫好きだ。
5年前に飼っていた柴犬が老衰で死んでから、ここしばらく犬とは付き合いがないけれど、生まれてからほぼずっと犬のいる暮らしをしていた。(犬に関しては、現在飼育に厳しい環境なので当面は飼わないだろう。)
猫を飼いはじめたのは、親元を離れるようになってからだが、ここ10数年は猫と生活をともにしている。もとは犬派だったのが、ちょっとしたきっかけで猫を飼うようになってから、猫にも開眼した。今もうちに2匹いる。

猫に関しては、実際に飼ったのは現2匹と過去に1匹だけであるが、その他にも僕のもとにやって来た猫たちは多くあった。
いずれも生まれたばかりの子猫が何らかの事情で持ち込まれた(拾った)ものだ。
ジャンクカメラの前にはジャンク猫(?)の世話をしていたのである。
粉ミルクやら哺乳ビンやらを用意して手のひらサイズの子猫を世話(レストア)したものだ。
学生時代から、10匹以上は里親として世に送り出した覚えがある。
子猫を育てるのは案外簡単である。
もちろんなかには死んでしまったものもあるが、彼らの生命力は相当なものなのだ。
育児中、誤って踏んずけてペタンコになった子猫が、トムとジェリーみたいにもとどおりになる場面をいちどならず僕は見ている。
問題は、早めに貰い手のことを考えて手を打っておかないと、家が猫屋敷になってしまうことだ。
人間の子を育てることを思えば、時間も労力も格段に少なくて済む。(痛感)

いま飼っているうちの一匹はそうして手ずから育てたもので、生まれてすぐに片方の眼をなくしてしまったのでジャンク扱い(笑)で我が家にとどまった。

これから危惧されるのは、子供たちが子犬・子猫を拾ってくることだ。
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-28 01:09 | よしなしごと

Last Rose

e0023068_091225.jpg


PENTAX SP 55/1.8
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-24 00:32 | PENTAX SP

11-22

e0023068_4504881.jpg

僕たちが出会う理由なんて、ワカッテイル

ボクたちというパズルを解くこと・・・


PENTAX SP 55mmF1.8 GOLD100
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-23 04:54 | PENTAX SP

ぶらさがりもの

e0023068_22101640.jpg
e0023068_21544883.jpg
e0023068_21543786.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2006-11-21 00:28 | YASHICA 35

キミハマタ・・・

e0023068_6433149.jpg
キミハ マタ

ウラマドカラ

ソット

ナミダヲ

ステタノダロウ?

ミテゴラン、マドノシタニ

オカシナイロノハナガ サイテイルゼ!
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-20 06:44 | 携帯電話

キット イマ ・・・

e0023068_626032.jpg


                        きっと いま 

                        どこかの 夜の砂浜で 
 
                        ウミガメが 卵を産んでいる

 
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-20 06:31 | 携帯電話

カラー カラー カラー

e0023068_424349.jpg
e0023068_419521.jpg
e0023068_4191835.jpg


コンナ色を見かけては、ちょいと車を停めてパチリ!  Б[ O ] ~♪
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-20 04:42 | YASHICA 35

ドングリ

e0023068_2319445.jpg

今年はドングリが豊作だ。
山のクマはドングリを食べて冬眠に備えるらしい。
今年は過ごしやすい秋だろうか。

お店にいらした年配のお客さんから伺ったお話。
お客さんは昔、山から石材を出す仕事をされていた。
一度、クマに引っ掻かれたことがあるそうだ。
仕事の調査で山に入り、登山道をひとり登っていて、いきなりクマに出くわしたという。
どのくらいの時間か睨み合う。(数秒だったのか数分だったのかは覚えていないそうだ。)
いざとなったら・・・仕事用に腰に下げているハンマーに手を伸ばした。
ふっとクマが視線を外した瞬間に転がり落ちるように駆け下りて逃げ帰った。
踵を返す際に一瞬、お尻に熱い感覚が走った。
林道まで出て人心地ついて調べると、ズボンがナイフで切られたように裂け、お尻もすっぱりと切られていた。
その後、傷はなかなか治らなかったそうだ。
今も残るというその傷・・・今度見せてもらおうかな?

e0023068_23565355.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2006-11-18 00:14 | YASHICA 35

冬色

e0023068_214447.jpg
e0023068_2142681.jpg

ちょっと似たような感じのが続きますが・・・
イラガの繭(空き家)ですネ!
あの硬い殻・・・それにどうやって開けて出てくるんだ??フシギです。
コチラではあまり見かけないので、ちょっと嬉しい発見でした♪
冬枯れたアサガオ・・・たしか去年も似たようなの撮ってたなぁ。(変化なし^^)
FUJICA-ST801
[PR]
by sakura-blend | 2006-11-15 21:45 | FUJI