<   2006年 08月 ( 14 )   > この月の画像一覧

ヤシカ35のシャッター調整

ヤシカ35には持病があるといわれています。
レリーズ半押しでシャッターがキャンセルされてしまうというものです。
「よ~し、撮るぞ、撮るぞ・・・ちょっと待てよ、ン~今だ!アラ?」

原因は、カメラのシャッターチャージとレリーズの連携部分にあります。
一度撮ったら、レリーズがロックされる仕組みが、(半押しのギリギリまで行くと)シャッターが切れないうちに作動してしまうのです。
結果、次の巻上げに移行してしまうために、フィルムが1コマ無駄になってしまう・・・

全国に何万人ともいわれる、この『シャッターキャンセル症候群』に悩める方がたの一助になればと・・・(いや数人かも知れませんが)、ま・疑問の点はともかく、せっかくですので発表を続けさせていただきます。
e0023068_8362191.jpg
e0023068_83893.jpg

コレがレリーズ部分。

軍艦部を外すと、スポッと抜けます。小さなバネが効いているので飛ばさぬように!
というか、ここらへんは実は分解の必要はないのです。(後注)
e0023068_8384127.jpg
このふたつの部品の間にロックの爪がはさまる仕組み。

シャッターが切れる位置と、ロックがかかる位置の微妙な関係で、『シャッターキャンセル症候群』になってしまうのです。
この位置関係を調整するネジが・・・

こんなところに・・・
e0023068_839507.jpg


マイナスドライバーでほんの少し回すと、キャンセル位置が調整できます。(偏芯ネジ?)
ほとんどシャッターの切れる位置に肉薄するするように調整しましょう。

さぁ、いかがでしょう?
ギリギリまで半押ししても、シャッターがキャンセルされなくなりました!
調整用の窓があるところを見ても、メンテナンスが想定に入っているということかな。

*よく見るとネジは透明のボンド状のもので回り止めされていますから、本来は止めなおすべきところです。出荷時の調整が、経年で緩んだり磨耗したりで『キャンセル病』を発症するのでしょう。もともとそんなにシビアに調整していないのかも知れませんが。

注 : 貼り皮を剥がすだけで調整は可能ですから、実は軍艦部は分解はしなくてもいいです。
機構の説明もかねて開けたものです。
ただ、貼り皮をきれいに剥がすためには、ある程度周囲を外したほうがよいかとも思います。
微量のアルコールなどで接着を緩めておくのが賢いやり方。無理すると皮が破けますヨ!(ボクみたいに~♪)
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-29 08:55 | レストア

そんなことって・・・

店にて

女性客が二人連れで来店された。
サンドウィッチとブレンドをご注文。

妻が云う。
「アノ人・・写真の人じゃない?むこう向いてるほうの・・」
ボク 「ハァ?」
「あの公園で撮った・・・」
ボク 「エ?エェ!」

急いでアルバムを持ってきてめくる。
あった。
でも顔はよく見えない。
帽子に隠れた横顔の下半分だけが見えている。
こっそり見比べる。
「エ~?」

妻が写真を持ってお客さんのところへ。(オイ、オイ・・・)
「この写真、お客さんじゃないですか?」
お客さん「?・・・エ・・エエエェエエ~!」

果たしてお客さんなのであった。

数ヶ月前・・・
公園で子供たちを遊ばせていたとき、隣りのベンチに花模様の帽子をかぶった女性を見つけた。
子供の姿を見守っている若いお母さんであるらしい。
お洒落な帽子と我が子をじっと見つめる姿勢が素敵だったので、こっそり写真に撮らせてもらった。
後日仕上がった写真もよい感じに写っていたので、勝手ながらアルバムに貼らせていただいた。 (実はblogにもUp)


その人が、今日、偶然お店に来てくれたのであった。
車で出かけて、一度行ったきりの公園だ。
決して近所ではない。
こんなことってあるんだナ・・・


その偶然より不気味なのは、妻の記憶力である。
今日はその時の帽子もかぶっていない。
写真を見せたとき、「知ってる。その人私も見た」とは云っていたが。

レインマンか、あんた?



☆写真は、記念にプレゼントいたしました。

*末尾ながら、お客さん、どうも勝手にスイマセン&ありがとうございました♪

*それと、ボクはストーカーとかではありませんので(多分)どーぞ、ご心配なされぬよう!
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-29 00:01 | 写真のこと

交差点にて

e0023068_5264813.jpg
e0023068_5271712.jpg
e0023068_5272819.jpg

夕暮れ時の交差点・・
珍しく、街スナップなど。

街は、ほとんど車で通り過ぎるだけなので、たまに撮ると新鮮です。
人がたくさんいる~♪
緊張しながら、さっ、パチッ!

おもしろいナァ。

あ・・お兄さんに見られてたかな?
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-25 05:37 | YASHICA 35

熱闘記念撮影

8月20日、結婚記念写真の撮影依頼をいただいて、野幌に出向いた。
野幌原始林の森の中での撮影。

新郎新婦さんの希望で、カツラの巨木の切り株に坐ったふたり(+愛犬X2)・・・
それも、新婦さんは勇敢にもウェディングドレス姿で脚立で登って!

森のベンチでシャンパンで乾杯!
道行く人たちからも祝福を受けるおふたり♪

他にも場所を移しながら・・・森の小道、百年記念塔、開拓の村と撮り歩いた。

ボクは、例によって、古カメラてんこ盛りの装備である。
ヤシカ35(X2)、フレクサ、Nikon、Zorki、などなど・・・
金属カメラをガチャガチャぶら下げて、しみじみ思う。
「キャパも大変だったろうナ・・・」

おりしも熱戦の駒苫VS早実の中継をところどころで耳に入れながら、負けじと連写した。

135・ブローニー、カラー・モノクロ織り交ぜて17本、こんなに写真を撮ったのは、生まれてはじめて・・・

皆でくたくたになって戻ると、TVではやっと延長15回が終わろうとしていた。

e0023068_12105131.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2006-08-22 11:11 | 写真のこと

あさがおのかんさつ

e0023068_5194795.jpg

お盆を過ぎたのに、珍しく暑さが失せない

(それでも、過ぎてしまうと寂しくなるのだろう)

甲子園が気になるナァ・・

夏休みももうすぐ終わりだ
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-18 05:29 | デジタル

nobodody's fault




e0023068_2244331.jpg



                           
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-15 22:49

八月

e0023068_22355418.jpg



                          失敗と成功をくり返す
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-15 22:43

e0023068_22254683.jpg



                           過去にむかって伸びる光
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-15 22:29 | よしなしごと

夏の日

       

e0023068_22124340.jpg


                          不幸の形は 無数にあって


                          幸せの形は ありふれている
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-15 22:25 | よしなしごと

クラゲ食堂

e0023068_2581518.jpg

クラゲ食堂を設置することになった。

e0023068_2585961.jpgというのは・・・
札幌でも連日30℃オーバー、いざ海へ!
ってわけで『あそび~ち石狩浜』へ海水浴にでかけた定休日だったのです。

最近どこ行っても捕虫網を欠かせないBrothers+父で、海の中をごそごそすくってみたところ、「クラゲGET!」したのであります。
かさが1cmあまりの赤ちゃんクラゲです。
持参のバケツに泳がせると、妙にカワイイ!
で、長男が (注:ボクじゃありませんよ)

「持って帰る!飼おう!」

「海の生き物は無理だよ。死んだらかわいそうだろ」
あきらめが付かないようなので、これも経験だと、持参のペットボトルに入れて持ち帰ることにしました。どうせ帰る頃にはトロケテしまってるだろう・・・(合掌)
で、おきまりの”番屋の湯”(すぐ近くの温泉です)に入って帰りました。

晩飯モスバーガーというとてもよそ様には云えないルートをたどってウチに帰りました。
洗濯物やら浮き輪やらナニやら片付けて、寝る段になって、「あ・そう云えば・・」
ペットボトルを見ると、予想に反してクラゲたちは元気にユラユラヒコヒコ漂っています。
「ウ~ン・・・」
とりあえず水槽に移しました。

翌朝、もうトロケタろうと思いきや、クラゲたち、ス~イス~イ楽しげに泳いでおります。
「ウムム・・・」
インターネットを検索。

「ホゥ・・・けっこう流行ってるのね」
飼い方に関する情報は意外なほど多くあります。
近所の金魚・熱帯魚屋に行くと、必要とされる海水のもとと餌がありました。
購入。
ナンカ最近、いきもの関係の出費が異常に多い気がする。
クワガタのゼリーやら、亀のエサやら、エンゲル係数(?)上がりっぱなしだ。

金魚屋の主人のアドバイスで、エサやりは別のいれもので行うことにする。
ガラス瓶の中で、チビクラゲたちが食事をしている・・・らしい。
どうもよくわからないが。
[PR]
by sakura-blend | 2006-08-11 03:40 | よしなしごと