「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 12月 ( 15 )   > この月の画像一覧

よいお年を!

ブログをはじめてまだほんの僅かですが、たくさんのみなさんに見ていただいたり、コメントをいただけたり・・・おかげさまで楽しいコミュニケーションの場所をもつことができました。
ネット・写真・店がリンクを広げ、新たな世界を作ってくれたことに感謝です!

2005年を終えるにあたって、僕の心は今までになく開かれた思いです。
(生まれて40年たって、ようやく世界と仲良くなってきたような感じです。)

ここを訪れてくださったみなさんにありがとう!
そして、また来る2006年もヨロシク!
e0023068_1105738.jpg

一年を締めくくるような写真がコレといってなくって・・
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-31 01:16 | よしなしごと

高松

人が写真を撮るとき、そこにナニを発見しているのでしょう?

僕の場合は、アンバランスな組合せの面白さだったり(コンナトコロニアンナモノガ!)、
配色の魅力だったり(色に惹かれるんです♪)、
・・・そして時に自分の原風景的な場面を求めているように思います。

高松に旅行した際、海辺の線路沿いにびっしりと家々の並ぶ小路をブラついていると、なんとも心地よい感覚をおぼえました。
頭の中がじんと痺れて・・どこか夢の中を彷徨っているような・・
とてもフシギな小一時間でした。

小学校時代をすごした町の風景は、僕の原風景の一部になっているのかも知れません。
e0023068_2191372.jpg
e0023068_21164059.jpg
e0023068_21181644.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2005-12-26 21:19 | 写真のこと

高松

e0023068_17574498.jpg
e0023068_1758792.jpg

e0023068_183266.jpg

以前、トマソン本で讃岐路探索みたいな特集ものがありました。
讃岐は、トマソンチックな町なのでしょうか。
北海道生活が20年を超え、僕の目もすっかりエイリアン(異人さん)のものとなったようです。
柿の実が生り、瓦屋根が軒を連ねる・・そんな内地の人には変哲ない風景が、僕の目にはいかにも新鮮に映るのです。
とり立てて珍しいからといって写真を撮るわけではないのですが、そんな僕にとっては異国のような景色なのです。
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-24 18:01 | 写真のこと

すっかり道内産と化した眼に映った四国高松の風景

e0023068_064050.jpg

お~ぉ・・地蔵さんだぁ!
地蔵さんは北海道にもあるか・・
そうだ、瓦に松!
新鮮だナァ♪
e0023068_094898.jpg

お~ぉ!
なんてオープンなトイレなんだ・・
鳩も用足しに入っりょるで!(讃岐弁風)
こっちだったら雪に埋もれるよナァ。
e0023068_0133439.jpg

ぬおぉ!
熱帯植物ですが!(大江健三郎風)
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-24 00:21 | よしなしごと

川崎空港へ行け!

たまに写真の無い日記を

先日、母を見舞ってきた。
2年前に胃がんの手術をして、それはそれで大変だったのだが、術後の回復を待たずしてすぐにうつ病を併発してしまった。
50代に一度重症のうつ病で数年寝込んで以来の再発だった。(再発は甲状腺の病歴と関係するらしい。うつ病の方、これ読んで心配なされぬよう♪)
胃をとった回復にはがんばって食べねばならないのだが、うつ症状で食欲・生きる意欲ゼロ!
がんはスキルス、医者は1年以内の再発を約束してくれた。
母はやせ細って行く。、体重30kg、父が主治医となっての闘病が始まった。(ちょっとプロジェクトX風)

前回見舞ったときには、5日間いて、母の発した言葉は「ありがと・・」「もういい・・」の二言。
見た感じ完全ボケ老人で、元がはつらつとした人だっただけに胸の痛む思いだった。
父には、うつは必ず治るものだからと励ましたけれど、正直不安材料のほうが多かった。

1年経ってがんの再発は免れていたけれど、うつはますますひどく、妄想が加わった。
明け方に父を揺り起こして、
「今から川崎空港(どこや?)行かんと、Yさん(古い知り合い)の命が危ない!」
父が、こんな時間に電車も飛行機も動いとらんから無理だと説得すると、それなら川崎空港宛にウサギの絵を描いて(!)FAXを送ってくれという。父は仕方が無いので眠い目をこすってウサギの絵を描いたそうだ。
ウ~ン、わが母ながらシュール・・イカレ話好きの僕の心にグッと迫るナァ。
・・ナンテ、父も泣きたかったでしょう。

それから1年経って~最近、意識レベルが向上し、日常会話のやり取りが可能になってきた。
先日など、車椅子に乗せて釣りに(父@釣りバカ)連れて行ったらサヨリを30尾釣り上げたという。

帰る前夜、兄も来て本当に久しぶりに家族で食卓を囲んだ。
母は、椅子で介助を受けながらではあるが疲れた様子もなく、それどころか笑顔まで見せた(この2年で笑ったのが数回と聞いていた)。
僕ににもいっぱい食べろだのと指示を出してくる。
久々の”家庭のシチュエーション”が、母の役回りを思い出させたのか、父も兄も驚いていた。

僕の感じたこと。
人はシチュエーションや関係性の中で「自分」になっているのだナァということ。
僕は家族の中でいろいろに作られたり歪んだりして育ち・・生きてきたけれど、あの瞬間に晩ごはんを囲んだ4人は、やっぱり好かれ悪しかれ組み合わされたパズルのピースたちだった。
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-19 02:50 | よしなしごと

旅行

e0023068_9161164.jpg
e0023068_9165920.jpg
e0023068_9181876.jpg

めずらしく旅行に行きました。
通勤の無い暮らし(店が自宅)をしているので、朝の列車に乗るだけでも気分の出るものです。
行き先は四国・高松です。
旅行といっても帰省で、親を見舞うのが今回の旅程。
ついでに暖かな四国の冬でも楽しめたらと思っていたのに、あちらもまれに見る冷え込みでした。北風ビュービューで、震え上がりました。
北海道よりは気温はあるのだけれど、内地(!)の寒さも身にしみる感があります。
寒さにめげず、カメラをぶら下げて近隣をぶらついてみました。
高松は、僕が小学校のときに3年過ごした地でもあるので、懐かしい景色がそこここに見られます。
ともだちと自転車で走り回った町の風景を追体験。
まだフィルムがカメラの中にあるので、サワリだけですが、現像が上がったら順番にUPしていくつもりです。

RICOH R1s
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-18 10:01 | Ricoh R1s

冬到来

e0023068_2272696.jpg
e0023068_229403.jpg

                                                 YASHICA 35

本格的な雪が降ってきました!
一面真っ白、道路もツルツルです。
今冬、初雪かきしました。
もう根雪になるかな・・
この季節になると改めて、草花の写真けっこう撮ってたのだなと気付きます。
今年の冬は、雪景色にしっかり取り組んでみよう。
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-11 22:33 | YASHICA 35

学校

e0023068_1650110.jpg
e0023068_209234.jpg
e0023068_2024758.jpg

                                                 YASHICA 35

休日の午後。
ひとけの無い学校・・

学校というものを出て、もう何年たつのか。
未だに時おり学校に行っている夢を見る。
たいていの場合、宿題をやってなかったり、試験がわからなかったり・・
なんとも居心地の悪い思いをして目が覚める。

青春時代を甘酸っぱい思い出なんていうけれど、僕のはどちらかというとあまり味のしないガムをくちゃくちゃ噛んでいただけといった感じかなぁ。
今のほうがよほど味がある毎日です♪
もちろん苦味もあるけれどね。

来年から息子が小学校に通い始める。
ウ~ン・・
ま,頑張ってくれ給え!
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-10 20:53 | YASHICA 35

夕暮れ三景

e0023068_21553910.jpg
e0023068_21555364.jpg
e0023068_2156125.jpg

YASHICA 35

夕暮れ時の農道、墨色の雲がきれいだったので道路脇に車を停めました。
冷たい風が吹いてカメラを持つ手が冷たくなりました。
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-07 22:00 | YASHICA 35

夕暮れ二景

e0023068_2018145.jpg
e0023068_2185618.jpg

YASHICA 35

ずいぶん派手なあかね雲、こんなに劇的な色だったかナァ。
・・・スキャンの仕方がちょっとおかしいのか?
最近おこづかい節約のためフィルムを現像のみで出してるので実際のプリントだとどうなのかわからないのです。
ま、プリントしたところで、実際どんな色だったか覚えてないのですけど・・
話はそれますが、僕の目、右と左で色が違うんです。
目ン玉の色じゃないですよ。(そういう猫たまにいますけど)
右眼でファインダーのぞいて、同じ風景を左眼で覗くと若干色味が違って見えるのです。
右のほうが少しアンバーがかってるような・・
テレビも古くなると画面の色がアヤシクなってきますから、そろそろ僕も・・
ジャンクカメラ使ってる当人も半ジャンクなのかも知れませんです。
[PR]
by sakura-blend | 2005-12-07 21:12 | YASHICA 35