「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:OLYMPUS PEN( 9 )

山羊の生活

e0023068_316275.jpg



PEN EES
[PR]
by sakura-blend | 2009-12-12 03:17 | OLYMPUS PEN

帰り道 -2

e0023068_391980.jpg



PEN EES
[PR]
by sakura-blend | 2009-12-12 03:13 | OLYMPUS PEN

帰り道

e0023068_445374.jpg

e0023068_452679.jpg



オリンパス ペン EES / D.ZUIKO 3cm F2.8 DNP 200


最近、ペンの名がまた有名になったものだ。
デジタル PEN EP-1の人気。
お客さんのを触らせてもらったら、やっぱりちょっと欲しくなった。

このPEN EES はいただきもので、赤ベロが壊れてて出ないので暗くてもシャッターが切れてよい。
ゾーンフォーカスもついてるし。
[PR]
by sakura-blend | 2009-12-10 04:17 | OLYMPUS PEN

PEN × PARADE

e0023068_5562337.jpg

OLYMPUS PEN / Parade 100
[PR]
by sakura-blend | 2007-08-30 05:58 | OLYMPUS PEN

夏日記   PEN × PARADE

e0023068_359166.jpg
e0023068_3593340.jpg

e0023068_53498.jpg

e0023068_3594964.jpg

オリンパス・ペンに話題のニューフィルム“Parade”を入れました。
この時代に新しいインディーズ・フィルムの登場、応援していきたいですね!
発色に癖のあるというこのフィルム、ボクのスキャンでは真価が発揮できていないかも知れませんが、ちょっと現実離れした色合いが楽しいデス~♪
行きつけのParadiseでも取り扱いが始まって、うれしい!^^
[PR]
by sakura-blend | 2007-08-30 05:50 | OLYMPUS PEN

ペンとの邂逅

e0023068_2334034.jpg
e0023068_23185267.jpg




e0023068_7552696.jpg
最初のカメラに関する記憶が、
「赤い色が出たら撮れないよ」
5,6才頃だったろうか・・
それがおそらくはこのPENーEEの露出制御機能であろうと30年以上たって気付いた。
友人から貰ったPENを整備して、モノクロフィルムを詰めた。
子供を連れて行った動物園で試写。
ハーフ判は、フツーに構えると縦位置写真となる。
仕上がったネガは、ほとんどが縦位置だ。
子供時代のアルバムの写真が縦位置ばかりだったのも、今にしてナルホドと思う。

ノスタルジックな気分ゆえなのか、PENゆえなのか、遠い記憶のような写真が多く感じられる。
[PR]
by sakura-blend | 2006-06-28 08:17 | OLYMPUS PEN

PEN

e0023068_0491222.jpg

OLYMPUS PEN-EEを友人から頂いた。
このカメラから古カメラ道に入る人も多い有名なカメラだが、僕はお初である。
いや、正確に言うと初めてではない。
僕のカメラに関する最初の記憶がおそらくはこのPEN-EEなのだ。
つまり、僕の幼少期を記録した我が家の写真機こそが、この機種だったのである。
もう、その当のPENはどこかに消えてないけれど・・・
小学校に入るか入らないか頃、カメラをいじっていた時に、「シャッターを押しても赤いマークが出たら写らない」と父かだれかに教えられた記憶があるのだ。
そして、実際にうす暗い洋間でシャッターを切ろうとして、画面に赤ベロが出てきたのを鮮明に覚えている。
これは、暗い場所での失敗撮影を防ぐための機構で、一定照度以下では、シャッターレリーズがブロックされる仕組みになっている。その時、お知らせ用の赤いプラスチック片が画面の中にひょっと現れるのである。この指標が赤ベロ・・・PENのトレードマークだ。

ハーフカメラなので、たくさん写せる。36枚撮りを入れたら72枚!
たくさん撮れる経済的なカメラだったのだ。
へたすると撮りおわるまでにずいぶんな時間がたってしまうほど・・
ハーフ版は、基本が縦長の画面になる。
幼少期のアルバムに縦位置の写真が多かったのは、そのせいだったのだ。

僕の子供時代を写したカメラで、何を写そうかな。
[PR]
by sakura-blend | 2006-05-14 01:35 | OLYMPUS PEN

ナニガ伝わる???

写真を撮るのは楽しいです。
絵を描くのは大変だけど、ちょいと切り取ってくるのはお手軽だし♪

俳句と似てるような気もするのです。
俳句は言葉で世界を切り取る・・
カメラは世界の一部を四角く切ってくれます。
自分の気に入ったところを、そのままに
(時には目に映った以上に・・)

そこに写った景色は心の中のどこかとつながっています。
感情でしょうか?

その写真とその感情とがうまく一致していると・・

再びその写真を見た時、心の中にもういちど光が差しこんで同じ場所を照らしてくれます。
うまくすれば、とても快いでしょう。(ときに悲しみであったり)

別の人がその写真を見ても光は心に届くでしょう。
強さや場所は、同じなのかどうかわかりませんが・・
心の地図は人によっていろいろでしょうからね。

いずれにせよ・・・
その光がどこかを照らしたら、メデタシ&メデタシ・・
そんな写真がよい写真かなと思います。
だとすれば、よい写真は人それぞれでもあることでしょう。

☆もしかしたら、普遍的なものもあるかも知れない・・
でも、ま、ソレは確かめようがないですね。

一枚の写真を境にして・・・僕とこの世界は結び合っているはずです。

写された風景は、紛れもなく僕の心の一部なのです。
(そして僕と結び合う場所・瞬間が確かにこの世界に存在する・・・)

僕がシャッターを押す瞬間、
その風景と結ぶ心の場所を、僕は確認しているのかも知れません。
[PR]
by sakura-blend | 2006-02-11 05:14 | OLYMPUS PEN

夕暮れ

e0023068_12283341.jpg
e0023068_12293622.jpg

e0023068_12372095.jpg
e0023068_12392243.jpg

冬が近くなってくると、配達途中の写真はみんな夕暮れ写真になってしまう。
曇った日だと一日中夕方のようで、ナンダカ気分も盛り上がらない。
ちょっとさびしげな光景に目が行きます。

YASHICA 35 (1) OLYMPUS OM-1(2,3) RICOH HI-COLOR 35S(4)
[PR]
by sakura-blend | 2005-11-27 12:42 | OLYMPUS PEN