カテゴリ:ビーチコーミング( 5 )

アオイガイとたこ舟

BC(ビーチコーミング)方面の達人であるTさんが、ニコニコしながら手土産をくださった。
お菓子だという。
開けてみた。
和菓子である。
e0023068_17205538.jpg


能登名産・・・能登か・・・
「たこ舟」???
タコフネ? 何?

・・・もしや

おぉおおおおお これは!!!!!!!!!

驚愕の銘菓「たこ舟」の正体とは?
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-29 09:43 | ビーチコーミング

蛸のゆりかご

e0023068_421548.jpg

e0023068_42361.jpg


この写真がナニか?わかる方はなかなかいらっしゃらないでしょう。
これはアオイガイ(葵貝)というものです。
貝とはいってもアオイガイはタコの一種です。
タコとこの貝殻は結びつかないと思いますが、腕から貝殻の成分を分泌して自分の体を納める貝を作るのだそうです。
☆検索でアオイガイの生前の姿を見ることが出来ます。
その昔、図鑑でこのアオイガイのことを知り、ふしぎなタコもいるものだと心にとどめたのでした。

それから幾星霜、ひょんなことからこのアオイガイが近くの海に流れ着くことがあることを知りました。
その精巧に作られた自然の造形にあらためて魅せられ、いつか自分でも手にしてみたいと思うようになりました。


ところが今日、配達からもどると店にビーチコーミング(漂着物探索)ハマり中のTさんが来ていて、先月の初旬、例年にない多くのアオイガイが漂着していたらしいとの情報をくださった。
これは行かねばならぬと云うことになり、Tさんと我家のみんなで夜の海へと出発!(なぜに夜行く? いや、明日も仕事だし・・・早起きは苦手だし・・・ ^^;)

当然まっ暗けの浜辺を懐中電灯片手に彷徨う怪しい一団。
しかし、浜辺を照らすライトに浮かぶのはホッキ貝などふつうの貝殻ばかり。
やはりすでに漂着のピークは過ぎているらしく、敗色濃厚となってきた。
子供ももう帰りたいと言い出す。
それでもあきらめ切れず、場所を移して探索を続行、二手に別れて浜辺を歩き始めてすぐにTさんが声を挙げた。
駆けつけると、Tさんの懐中電灯の照らす砂の上には憧れ続けたあのアオイガイの姿が!
それもかなり大きい。
打ち上げられたばかりらしく、まだ水に濡れている。
欠けもなくひとめ見てわかる美品だ。
おぉ、やった!と歓喜に沸くわれら。
こうなるとやはり自分でも見つけたいという気持ちが出てくる。
ややしばらく近くを探すが見つけられず、時間も遅いのでもう帰ろうと戻りかけた砂浜の切れ目になにか埋まっているのが目に入る。
慌てて手を出しながらも、「慌てて壊してはいけない」と云うブレーキを心でかけながら、半ば埋もれた大振りの貝殻をそっと砂から引き抜く。
アオイガイにまちがいなかった。
中に砂が詰まっているためけっこう重たい。
「ペーパー・ノーチラス」と英語で呼ばれる由縁であるうすい紙細工のような感触と、その繊細な凹凸がなんともうれしかった。

e0023068_432342.jpg


この貝殻は雌のアオイガイだけが作るそうで、この中で産卵して卵を守るものらしい。
いわば揺りかごだ。

タコの揺りかご、ずいぶんと素敵なデザインである。
[PR]
by sakura-blend | 2010-11-06 03:43 | ビーチコーミング

Sea Amber

e0023068_1731159.jpg


秋晴れのいいお天気に誘われて、石狩浜へビーチコーミングに。
コハク探しをして来ました。

石狩川の河口付近の海岸には、上流の地層から流されて来た石炭が打ち上げられます。
(北海道に採炭地が多いのはご承知のとおり。石狩川の上流にも採炭地が多くありました。)
昔はそれを拾い集めて冬場の暖房用に使用していたところもあったそうです。(石狩市厚田区あたり。海底炭田もあるとか?)
石炭は大昔の樹木が地中で炭化したものです。
植物化石とも言えます。
コハク(琥珀)はそれらの樹脂部分の化石です。
樹脂は松でいえば松脂ですね。
☆もとはとろとろの樹脂ですから、そこに虫が入って化石化すると虫入りコハクとなります。(『ジュラシック・パーク』の発想は、虫入りコハクの虫の体内に恐竜から吸った血のDNAが残っていて… ということ)

で、石炭に混じってコハクも流されてくるというわけです。
写真の粒々がそれです。
僕が見つけたのは1cmもないようなのミニ琥珀ばかり。
運がいいと2~3cm、それ以上のものもゲットできるとか?
特別に価値があるとかいうわけでもないのですが、よーく見るとキレイだし、数億年前の樹脂だと思うとなんだかロマンを感じます。

琥珀の横に写ってるのは、クルミです。
実の入ってたところにかわりに石炭が入ってました。 ^^
[PR]
by sakura-blend | 2009-10-01 07:46 | ビーチコーミング

ビーチコーミング おまけ

5/4、メノウ拾いをしていたとき、こんなものを妻が発見・・・

e0023068_205625.jpg


石狩の浜でコハク(琥珀)を見つけられると聞いたことがあったが、もしかして?
検索でお邪魔した sea amberを探して というBLOGの記事の中にそっくりのコハクの写真を発見!
(これはきっとホンモノにちがいないぞ。お宝ゲットだぜ!でかしたぞ、妻!)
また、ちょうど同じ日まさに望来でビーチコーミングをされていたという最新記事にもびっくり!
「今日は小さなお子さんを連れたお父さんもメノウ拾いをしていましたよ♪」って、ウチのことでしょうか? ^^ 
さっそくごあいさつコメントを入れてしまいました。
コハク探しのベテランの方に鑑定(?)していただくのを期待して、写真を追加しました。^^

e0023068_214460.jpg



妻の手柄ばかりで悔しいので、ボクの見つけたお気に入りをご紹介。
この右下の陶器片デス。
e0023068_2152358.jpg

虎の絵が描いてあるのわかりますか?
尻尾がかわいいでしょ〜♪

ビーチコーミング、奥が深そうです。^^

追記
 
琥珀ならば、飽和食塩水を作っていれると浮かぶという鑑別法があるというのでやってみたら…

・・・沈んだ! 笑

どうやら、琥珀っぽいメノウのようです。
[PR]
by sakura-blend | 2009-05-10 02:36 | ビーチコーミング

GW 窯めぐり その1

このGWは、焼き物の窯めぐりとなった。
別に意識してそうした訳でもないのだけれど、思い返してみるとそうだった。

その1 ありすcafe

GWは、望来(石狩市厚田区)に行くのがこのところの年中行事となってる。
そして、ちいさなうつわやさん『ありすcafe』に立ち寄る。
…のだが、年々人気の高まる ありすcafe 、お客さんでいっぱいだったので、すぐうらの浜辺でビーチコーミング(浜辺宝探し)&バーベキューコンロでパン(ナン)焼きをして遊んでました。
e0023068_2372654.jpg

瑪瑙(メノウ)、貝の化石、シーグラス、陶片、漁網のおもり、などなど収穫。

e0023068_2301311.jpg


浜辺は風が強くて参りましたが、めげずにナン(砂入り)&レトルトカレーをおいしく味わいました。
子供がシロ貝を1個みつけたので、これも網の上に・・・ ^^
e0023068_23175042.jpg


海はいいねー!
別にボクが発見したことではないけど、海はいいですよ。

さんざん遊んで、夕方になって、再び ありすcafe におじゃましてお茶をいただいた。
あぁ、やっぱりいい店だ。いい器だ。
今度、店用のカップ・ソーサーを作ってもらおう。

写真は、フィルムがメインなのであんまりありません。

ありすcafe で撮ったのもこんなのしか・・・ ^^;
e0023068_2319566.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2009-05-06 23:23 | ビーチコーミング