「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:Royal 35( 9 )

秋の赤

e0023068_261051.jpg

e0023068_1534026.jpg
e0023068_1535442.jpg

Royal 35 / Centuria super 400
[PR]
by sakura-blend | 2007-10-19 02:08 | Royal 35

森の夢 或いは 夢の森

e0023068_284641.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2007-06-15 02:09 | Royal 35

行きなずむ時間

e0023068_1483084.jpg



Royal35 / GOLD100
 
これは、メンテナンスを怠ったために、シャッターの開きに粘りが出てしまったものです。
(レンズシャッターなので、中央が極端にオーバ-に!)
撮影者の意図を超えて、アート作品になりました。
古いカメラでは、不調も味のうち・・・^^
[PR]
by sakura-blend | 2007-06-15 01:59 | Royal 35

町工場

e0023068_1432925.jpg

可愛らしいこのモノたち、ナンダロウ?

菊水にて


Royal 35 / GOLD100
[PR]
by sakura-blend | 2007-06-15 01:47 | Royal 35

暮れがた

e0023068_2511159.jpg
e0023068_2501378.jpg

e0023068_2435299.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2007-06-02 02:55 | Royal 35

Royal 35 @ Zoo 

e0023068_1173825.jpg
e0023068_136033.jpg

[PR]
by sakura-blend | 2007-05-11 01:37 | Royal 35

Royal 35 @ Zoo

e0023068_0573843.jpg
e0023068_112043.jpg
e0023068_122161.jpg
e0023068_0533098.jpg

GWは、近場をうろうろ~♪
円山動物園に行きました。
いつも水曜定休の櫻家、たまの人混みが嬉しいのです。
子供が仮面ライダーショーを見ている隙に、父は熱帯温室をブラ撮り・・・

(キッドちゃん、お元気そうでなにより!)
[PR]
by sakura-blend | 2007-05-11 01:07 | Royal 35

Royal 35  ・・・続き

さて、ちょっくら腰砕けなデータもお持ちのローヤル35ですが、PARADISEで本機を購入した際、そういえば・・と、棚の隅から革ケースが出てきました。
革ケースは、ふだん付けないので、なくてもいいんだけど・・・と思っていたのですが、これがなかなかカッコイイのです。
古い仕立てのよい背広に身を包んだ、粋な紳士の姿にも見えて、益田喜頓翁を思い出しました。
ウチに帰ってよく見ると、底の縫い糸が、さすがにほつれてしまっていて、今にも脱落しそうになっています。
ここはひとつ、レストアラーの端くれとしては頑張らねばなりません。
e0023068_3323352.jpg


ピノコ、針と糸だ!
・・というので、ちくちく、お裁縫です。
レストアとは復旧なりィィィィ~ ・・・イテ!(お決まり♪^^)

ほら、粋でしょ!

e0023068_3445681.jpg


Royal 35は、当時、輸出されていたとの記述もありました。
たしかに、距離計の目盛りも「feet」表示です。
そういわれると、洋行のスタイルなのかな?
ダンディーなこのカメラ、いったいどこを旅してきたんでしょうね!

さらに新事実が!
[PR]
by sakura-blend | 2007-05-10 03:47 | Royal 35

Royal 35 ( ローヤル 35)見参!

e0023068_163495.jpg

エ~・・・ワタクシ、生国と発しまするは、東京都練馬区江古田(ローヤルカメラ株式会社)でございます~♪^^
時は1955年(昭和30年)!
国産ライカコピーと称される優秀なレンジファインダーカメラが、ぞくぞくと作られていた時代でありました。(懐)
オッホン、もちろん、ワタクシもその中の優秀なる一台!
サザエさんが、初めてTVに登場したのが1955年!(最初は静止画だったそうですョ。)
現・都知事の著書『太陽の季節』なんてのがブームになったのもこの’55年でございました。
ワタクシの新しいオーナーとなりました櫻・豆混人(sakura-blend)クンなんぞは、まだ影も形もなかった時代でございます。
あの時代はよかった・・・(涙)
いや、しかし思えば、上にご登場のサザエさん、石原クン、ともども我ら’55年組は健在といえましょう!
我がローヤルカメラはすでに星と消え、今はもうございませんが、かつて職人がこの身に注いだ情熱は、半世紀を経ても変わらず輝き続けております。

まずは、ワタクシの実力の程、ご覧いただきましょう!
絵の至らなさは、豆混人クンの腕のせい、決してワタクシの咎と思いなさらぬよう・・・

e0023068_1464849.jpg
e0023068_156207.jpg
e0023068_1571498.jpg
e0023068_25290.jpg


さてコレが、先日ちらとご紹介いたしました、ローヤル35です!
いかがです?
なかなかいいお仕事なさいますね~!

それにしても、ローヤル???
知らね~?って感じですね。(Royal 35さん、怒んないでね!)
かつて、二眼レフ時代には、A-Zの会社が犇いたといわれる時代を経て、生き残りを賭けてレンジファインダー機を世に問い、そして消えていった会社のひとつだったのでしょうか。
ネット上でわずかに集まった記述でも、このあと1,2機の後継機種を出したというあたりで消息は途絶えています。

さて、写りですが・・・
おぉ・・、あえやかな立体感、みずみずしい色合い、なかなかいいじゃないですかー♪

明るい空に向けるとゴーストに包まれてしまいますが、この時代のレンズであり、また前玉に刻まれた歴戦の傷ゆえ、それはもういたしかたのないことでしょう。
薄い紗のかかったような柔らかな描写を楽しむとしましょう。

レンズは、Tominor(トミノール)・・・
む?どこかで聞いたような・・
おぉ、かの富岡光学!後のヤシカ・コンタックス!
どうりで、悪くないわけです。

それにしても、このデザイン、距離計窓の間にロゴを挟んだそのスタイルは、まさにコンタックス!
そうか!コンタックス・コピーだったんだ!
どうりで、富岡レンズを積んでるわけですね。

実は、このカメラ、ちょっと驚きの機構がありました。
なんと! ポロ・・・

e0023068_2331693.jpg


ナァニィ~!!!!

レンズがとれるのです!
いや、壊れてるんじゃないですよ。
レンズ交換式・レンズシャッター機なのです!

おぉぉおぉお、交換レンズを探さねば!
まずはネットで検索ちゃんじゃ~!
・・ん、情報発見、クリック!

なになに・・・「本機はレンズ交換式で、広角・望遠レンズが構想されていたが、実際には交換レンズは発売されなかったらしい・・・」

・・・@д@;

なんじゃそりゃ~!
[PR]
by sakura-blend | 2007-05-10 03:10 | Royal 35