微熱

e0023068_2353419.jpg

子供の頃、高熱にうなされると時々、音が変な聴こえかたになった。
変に間延びして聴こえるのだ。
伸びてしまったテープの音楽を聴いているような感じ。
すべての物音や会話までもが、歪んだリズム感に支配された。
とても不吉な感じがして、しかもそこから抜け出すのは容易でないのだ。
何かたしかな音を聴きたくて、身のまわりの物をカンカン叩いてみたりした。
[PR]
by sakura-blend | 2007-03-07 01:25 | デジタル
<< カメラは見ていた 病気自慢 >>