「ほっ」と。キャンペーン

ヤシカ 35YL / YASHICA 35YL

またいつものようにオークションを眺めていたら、ヤシカ 35YLというカメラを見つけました。
調べてみると、我が愛機“ヤシカ35”の後継にあたるカメラで、LV(ライトバリュー)とパララックス補正機能の付いた機種とのことでした。
YashicaのLVで「 YL 」なのでしょうか。
独特のデザインがなかなか魅力的です。
レンズも僕の愛するヤシノン4.5cm F1.9が付いているではありませんか。
レンズが同じであればすでに持ってるのと同じことですが、控え選手としてぜひもう一台欲しかったのでビット/落札〜♪
※ヤシカ35以上にマイナーなカメラなので、それほどの競りにもなりませんでした。 ^^

☆ヤシノン4.5cm F1.9はとてもやわらかな描写です。
以前から愛用しているヤシカ35に付いているレンズは前玉に拭きキズが多く、フレアっぽくなることが多いのですが、そのなんとも云えないやさしい写りが気に入っていて、好んで持ち出しています。キズのないレンズを使ってみたかったのも、今回の入手の理由のひとつでした。

ちなみにヤシカ 35YLには4.5cm F1.8の付いたモデルもあり、混在しているようです。
※このF値0.1の微妙な違いは何なのか僕にはよくわからないし、検証もしたことはありません。
少しでも明るいレンズを目指していた当時のレンズ設計・開発とそれを搭載できるシャッター機構の連動した結果だったのでしょうか?

LV方式の露出決定システムは理にかなっています。しかしながらその使い勝手はよいとは云いがたく、僕はどうも好きになれないでいます。露光量を考える上ではとてもよいアイデアだとは思うんですけどね。

届いた35YLは、なかなか程度もよく、レンジファインダーの二重像がほとんど消えていることを除けばほぼ完動品と云える状態でした。
軍幹部を外して清掃、とりあえず車用のシールで処置しました。
e0023068_6363014.jpg



見ての通り、片流れアシンメトリーの特徴的なデザインです。
通常巻き戻しクランクがあるべき左肩に大振りのファインダーがあります。
(巻き戻しクランクは底部に収められてあります。FUJICA 35などにも見られた様式ですね。)
大きさはヤシカ35よりひとまわり大柄で、重量もかなり増している感じです。

このちょっと変わった巻き戻しクランクのおかげで、フィルム装填がうまくいっているか、いつもの手順(巻き上げに伴うクランクの回転)で確認ができず、誤って裏蓋を開けてフィルムをすこし感光させてしまいました。 > < ; まだまだ未熟者です・・・
※巻き戻し時以外はクランク部がフリーになっているため、フィルムが送られていてもほとんどトルクに差が感じられないのです。これはよいことなんでしょうけれど、給送を確認できないのがちょっと困るなぁ。

写りの方は期待通りのヤシノンな描写でした。

e0023068_4315649.jpg

e0023068_431372.jpg

e0023068_4321737.jpg

e0023068_4345742.jpg



YASHICA 35YL Yashinon 4.5cm F1.9    KODAK GOLD 100
[PR]
by sakura-blend | 2010-07-04 06:37
<< 薔薇 向こう 2 >>